LANケーブルをまとめるとアートになる

家庭では無線LANを使っている人が多いかと思いますが、データセンターなどサーバやネットワーク機器を多く収容している所では基本的にLANケーブル等による有線接続が主になります。

このLANケーブル、我々が想像する以上に大量に使われており、LANにケーブルを乱雑にしたままにするとメンテナンス不可能な状態になってしまいます。

View post on imgur.com

そこでサーバ管理者はLANケーブルをうまくまとめるのですが、これがなかなかのアートなのです。

テクニックとしては結束バンドでグループごとにまとめる、沿わせる方向を変化させる、収容フレームなども活用してケーブル経路にバリエーションをつくる、ケーブルを色分けする等です。

整理するとここまでスッキリします。

View post on imgur.com

ものすごい数のブレードサーバから伸びるLANケーブルが整然と整理されています。

View post on imgur.com

一種の規則的な模様にも見えてきます。

View post on imgur.com

カラーコードを使い、うまくグループごとに束ね、さらにカーブを作っています。これはフレームを全部ケーブルで埋めるとサーバの冷却にとって良くないので、空気の通り道を確保しているのだと思います。よく考えられていますね。

View post on imgur.com

ものすごい数のケーブルですが、ちゃんと一本一本がどこから来ているかが分かりますね。

View post on imgur.com

View post on imgur.com

そのもの金色の野に降り立ち(以下略)

View post on imgur.com

View post on imgur.com

別名「緑の息吹」

View post on imgur.com

View post on imgur.com

さらにダンボールでケーブルを選り分ける高等テクニック!!

View post on imgur.com

床の下でも手を抜きません。

View post on imgur.com

天井でも手を抜きません。

View post on imgur.com

なにか執念のようなものを感じます。

View post on imgur.com

別名「青の洞窟」と呼ばれているとかいないとか。

View post on imgur.com

綺麗なLANケーブルの色分けですね。カラフル!!

This is how you cable

View post on imgur.com

View post on imgur.com

おまけ おおナイスアイデア!!

View post on imgur.com

サーバ管理者の腕の見せ所といった感じなのでしょうか?とても整然としておりメンテナンスがしやすそうです。

LANケーブルの取り回しに困っていたら、参考にしてみても良いかもしれません。