地図

2万5千分1地形図では西風が吹いていて時間はお昼すぎ

  • 2016/08/09 14:38:25
目次
  • 1:地図を見てみると…
  • 2:地形図では西風が吹いている
  • 3:地形図の時間はお昼すぎ
  • 4:まとめ
  • 5:おまけ

地図を見てみると…

最近ではインターネットから閲覧できるgooglemapなどのデジタル地図を使う人も多いと思いますが、トレッキングや登山などでは国土地理院発行の2万5千分1地形図を使うのではないかと思います。

国土地理院 ウォッちず

この地形図で特徴的なのが地図記号です。

googlemapなどでは地図記号はほとんど使われておらず、視認しやすいロゴなどが採用されていますよね。

地図記号はシンプルなマークでそこに存在する施設や地形などを表すために使われます。

地形図では西風が吹いている

地図記号の中には、旗や煙を表現しているものもあります。代表的なものは以下です。

自衛隊旗

自衛隊旗

煙突

煙突

噴火口

噴火口

温泉

温泉

これらをよく見ると、同じ特徴があることがお分かりいただけると思います。

すべて左から右に流れています。

地図記号は上が北になりますので、東に流れていると言えます。ということは西からの風が吹いていることにほかなりません。

この地形図では西風が吹いているのです。

地形図の時間はお昼すぎ

また他の地図記号の特徴から、地形図の時間帯はお昼すぎおそらく2時ころなのではないかと思われます。

これは以下の地図記号から読み取れます

広葉樹林

広葉樹林

針葉樹林

針葉樹林

竹林

竹林

ヤシ科樹林

ヤシ科樹林

桑畑

桑畑

これらの地図記号は右側に、つまり東側に影が表現されています。

ということは西に太陽があるということになります。

影の長さからみて、それほど太陽が沈んでいないと思われますので、おそらく2時ころなのではと推測できるのです。

まとめ

地図を読む上では全く役に立たない知識ですね。

地形図上の風や時間なんてどうでもいいことですが、地形図を見る楽しみのネタの1つにはなるかと思います。

もし今度2万5千分1地形図を見ることがあったら、西風を感じてみてください。

おまけ

ちなみに電波も西から東に流れているようです。電波も風にながされているとか???

電波塔

電波塔

電子基準点

電子基準点

※この記事の地図記号はすべて以下のサイトより引用

国土地理院 地図記号一覧
http://www.gsi.go.jp/KIDS/map-sign-tizukigou-h14kigou-itiran.htm