はいはいその通りでございます「唯唯諾諾」

  • 2016/08/09 14:43:26

「唯唯諾諾(yuiyuidakudaku)」は「悪事や善事の判断をせず、自分の考えも意見も述べずに盲従すること」を意味します。

出典は中国の戦国時代(紀元前403年~紀元前221年ころ)の法家、韓非(法家は政治法律コンサルタントのような人)が書いた韓非子という思想書です。

この書物に八姦という君主を操る害悪とその対策について書かれた章があります。

「優笑侏儒、左右近習、此これ人主未だ命ぜずして唯唯、未だ使わずして諾諾、意に先だち旨を承、貌を観色を察し、以もって主の心に先だつなり」(役者や道化師や付き人は何も言わなくても「はいはい」、行動を起こす前から「はいはい」と言う。主君の様子や顔色をうかがって、取り入ろうとする者たちである)

とあります。唯唯も諾諾も「はい」などの返事の意味です。

口語だと「はいはいそのとおりでございます」というような感じですね。

ゴマすり顔色伺ってなんでもイエスマンのことを指す批判です。

韓非は実践的法治主義者なので、こういった人物が政治や法を腐敗させると考えたようです。

転じて「唯唯諾諾」は「悪事や善事の判断をせず、自分の考えも意見も述べずに盲従すること」を意味するようになりました。

この言葉を聞くとどうも吉野家を思い出します。