【意外に】数字三桁のゾロ目ドメインはどんなサイトに繋がるのか?【需要ない?】

目次
  • 1:日本のドメインjp
  • 2:トップレベルドメインcom
  • 3:アメリカのドメインus
  • 4:ドイツのドメインde
  • 5:まとめ

かつて短いURLは覚えやすく入力しやすいので、アクセスされやすいという有利な点があるとされてきました。ガラケー時代は長いURLを打つのも大変だったので、数字だけの短いURLはみんなこぞって所有しようとしたものです。

同じアルファベット数文字だけのドメイン、数字だけのドメイン、数字ゾロ目のドメイン、なるべく短い桁の数字ドメインなどなど…。

しかし、携帯機器の検索機能の向上、QRコードの普及、スマートフォンの普及、アプリの普及、SNSの普及などでURLを直に打つ機会などほとんど無くなりました。

今ではサイトにアクセスするのにURLなど意識することすらあまりないですよね。

今では短いドメインは短縮用(twwiterなど)に使われたりするのが一般的で、ユーザが覚える必要はほとんどなくなったでしょう。

でもドメインは消えてなくなる訳ではないので、いまでも短いドメインが存在しているはずなのです。

今回はそんな中でも数字3桁のゾロ目URLに焦点を当てて、どんなサイトが存在するのか調べてみました。

下記表にはアダルトサイトがある、または現在はサイトが存在しなくてもアダルトサイトになってしまう可能性があるためURLへのリンクを設置していません。各ドメインへのアクセスは各自の責任でお願いします。

日本のドメインjp

まずはjpドメインです。日本のドメインですね。

000.jp ドメイン宣伝のペラ1サイト ファーストサーバのサーバを使用 d17
111.jp ドメインパーキング d16
222.jp アクセス不能 @ドメイン管理下
333.jp ドメインパーキング d18
444.jp 444net 日本野球関係の個人ブログ d15
555.jp 通信販売総合サイト555.jpの準備中ペラ1サイト d14
666.jp ドメインパーキング d21
777.jp ドメインパーキング d22
888.jp アクセス不能 お名前.com管理下
999.jp 999.jpとだけ表示されるペラ1サイト バリュードメインで取得・ファーストサーバのサーバを使用

殆どがドメインパーキング管理下ですね。ドメインパーキングというのは、ドメインを売買するために保持するサービスのことを言います。つまりドメインパーキングに入っているドメインは売買対象ともいえます。

流石にjpドメインだけあって日本の企業か個人が所有していますね。

サイトとして機能しているのは444.jpのみ。これも個人の方のブログで特にビジネスに使われている感じではありません。

つまりこれをみてもjpドメインでも数字だけの短いドメインにほとんど価値がなくなってしまったのだと思います。

トップレベルドメインcom

さてお次はcomドメインです。これは国に関係しませんので、国際色豊かになるでしょうか?

000.com アクセス不能ename.netの管理下(中国のドメインプロバイダ)
111.com ドメインホスティング会社のサイト? d9
222.com haoqqという中国の総合ポータルサイト(リダイレクト) d10
333.com haoqqという中国の総合ポータルサイト(リダイレクト) d10
444.com 接続不能 godaddy.comの管理下
555.com アメリカシカゴのデザイン設計会社の企業サイト d11
666.com アクセス不能 ename.netの管理下(中国のドメインプロバイダ)
777.com オンラインカジノ777のサイト d20
888.com オンラインカジノ888.comのサイト d12
999.com 999网址导航という中国の総合ポータルサイト(haoqqのクローン?) d13

jpドメインよりはサイトとして機能しているドメインが多いですね。777.comがオンラインカジノなのはブランディングなんでしょうね。

comの数字3桁ゾロ目の大半は中国のサイトかドメインプロバイダの管理になっているようです。comの配布時に中国でドメインを取りやすい理由でもあったのでしょうか?やっぱりドメイン売買したのでしょうかね?

中国のインターネット事情に詳しくないのですが、もしかしたら短いURLにアドバンテージがあるのかもしれません。ゾロ目をつかっているサイトがポータルサイトであることからも、覚えやすく打ちやすいドメインで、なるべくアクセスを集めたいということなんでしょう。

アメリカのドメインus

アメリカのドメインであるusドメインも調べてみました。

000.us ドメインパーキング?
111.us アクセス不能
222.us ドメインパーキング
333.us アクセス不能
444.us アクセス不能
555.us アクセス不能
666.us アクセス不能
777.us ドメインパーキング
888.us アクセス不能
999.us アクセス不能

驚きですが、ほとんどアクセスできません。ドメインパーキングにも入れておらず、サイトとして機能しているドメインは皆無です。

アメリカではゾロ目を倦厭する理由があるのでしょうか?たしかにキリスト教圏では666などはタブーでしょうから何らかの理由があって数字ゾロ目ドメインは使いにくいのかもしれませんね。

ドイツのドメインde

ヨーロッパはどうでしょうか?ドイツのドメインdeで調べてみました。

000.de info.deというドイツのポータルサイト d7
111.de ドメインパーキング d6
222.de ドメインパーキング d5
333.de ドメインパーキング d4
444.de ドメインパーキング d3
555.de アダルトライブチャットサイト777.livecam.comのサイト(リダイレクト) d2
666.de アクセス不能
777.de アダルトライブチャットサイト777.livecam.comのサイト(リダイレクト) d2
888.de アクセス不能
999.de ドイツのトレーニンググラウンドvfl-bochum.deのサイト(リダイレクト) d23

ドイツもほとんどドメインパーキングかアクセス不能ですね。どうも数字ゾロ目3桁URLはドイツでもあまり価値がないんでしょうか?有効には使われていないようですね。

まとめ

いくつかのドメインについて数字ゾロ目3桁URLを調べてきましたが、正直あまりちゃんと使われていないようです。

悪く言えば塩漬けですね。

おそらく最初に述べたように覚えやすい、打ちやすいというアドバンテージがほとんどなくなってしまったのでしょう。

しかしこれらのドメインは買おうとすると結構な金額になります。需要と価格が釣り合っていなような気もしますが…。

強力なブランディングができるならまだしも、大して意味のなくなった数字ゾロ目3桁ドメインに大金を払う人や企業はほとんどいないでしょうね。

おそらくこれからもドメインの塩漬け状態は続くのかなとも思います。