「人間万事塞翁が馬」は人生びっくり箱という意味

  • 2016/08/09 14:36:10
目次
  • 1:「万事塞翁が馬」の謂れ
  • 2:まとめ

「人間万事塞翁が馬(じんかんばんじさいおうがうま)」の意味は「幸福も不幸も予想できない」という意味です。「塞翁が馬」だけで言われる場合もありますが、正式には「人間万事塞翁が馬」と少し長い言い方です。

故事は古代中国の書物からが多いですが、「万事塞翁が馬」も出典は前漢時代に道家思想を中心に編纂された思想書「淮南子」という書物です。

人間は「にんげん」ではなく「じんかん」で「この世」と言う意味です。塞翁は「城塞に住んでいるおじいちゃん」という意味です。

「万事塞翁が馬」の謂れ

このおじいちゃんは馬を飼っていたのですが、逃げてしまいました。結構良い馬で高値で売れたはずなのに、残念がっていると、逃げた馬が、良い馬数頭を引き連れて戻ってきました(馬は集団で走る習性があるので不思議なことではないです)。

馬が戻って喜んでいた矢先、その馬に乗ったおじいちゃんの息子が落馬して骨折してしまいます。

しかし、異民族の襲撃で城塞は戦争になりました。

若い男は徴兵され激しい戦いの中多くが命を落としたのですが、おじいちゃんの息子は骨折していた為に徴兵されず死なずに済みました。

まとめ

不幸が幸福に、幸福が不幸になったりして、とても予想できないことをこの故事に習い「人間万事塞翁が馬」というようになったのです。いいときも悪いときも人生びっくり箱ということですね。